京都企業の力を結集し、往年のスポーツカーをEV(電気自動車)として復活。土台となるEVプラットフォームも市販予定で、事業拡大に向けアクセルを踏む。