米国の経済統計で注目される雇用者数が堅調に推移している。12月5日に米労働省が発表した雇用統計によると、11月に非農業部門の雇用者数は前月比32万1000人の増加となった。前月の24万3000人増を大きく上回った。失業率は横ばいの5.8%。