10月31日の日銀による量的緩和の拡大は、通貨戦争が再び始まっているという可能性を示すシグナルだ。緊縮財政と債務削減の影響で景気が一段と冷え込むなか、世界中のすべての国が日本の轍を踏もうとしている。今、必要なのは、財政再建の手を緩め、インフラ投資を拡大し、金融緩和への依存度を下げることだ。