「代ゼミショック」から1カ月後の9月30日、受験産業に再び激震が走った。全国に約260校を展開する中堅予備校、秀英予備校が17校を、2015年3月で閉鎖すると発表したのだ。秀英予備校の運営形態は、代々木ゼミナールに似ていた。ビル1棟を使った校舎に大規模教室を構え、現役生から浪人生までを幅広く受け入れる手法だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1484文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題