世界経済の6割を占める環太平洋を巡り、各国のさや当てが激化している。主導権を握り、自国が利益を得やすいルールを広げようとするのが米中だ。その行方は、日本の将来にも大きな影響を及ぼす。