外食各社が、定番商品であるフライドポテトの原料の調達難に見舞われている。米西海岸の港湾における労使交渉が長引き、輸入に支障が生じているためだ。割高な空輸に急遽切り替えるなど、12月の書き入れ時を迎えて対応に追われている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1287文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年12月15日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。