東京・小笠原諸島の周辺で中国漁船が大挙してサンゴを密漁した。地元漁師は密漁船団を恐れて、出漁を控えていたために収入が減少。サンゴの再生には約50年かかり、生態系への影響が懸念される。