今年も例によって「新語・流行語大賞」が発表される季節になった。カレンダーに沿ってコンテンツを配信している定期刊行の雑誌や番組は、この種のイベントにからっきし弱い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1274文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題