今年も例によって「新語・流行語大賞」が発表される季節になった。カレンダーに沿ってコンテンツを配信している定期刊行の雑誌や番組は、この種のイベントにからっきし弱い。