昨年11月、和食のユネスコ無形文化遺産登録が決まった。この1年で京都老舗の料理人が「和食の魅力」を語るセミナーが開かれたり、「魅惑の世界」として和食を紹介する国際共同制作のテレビ番組が放送されたり、多くの特別企画が組まれてきた。そして、熱心にそれらを見聞きしている自分がいた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1361文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題