日本を代表する進学校、開成高校(東京都荒川区)の野球部が9年前、ある奇跡を起こした。強豪ひしめく東東京予選で、ベスト16まで勝ち進んだのだ。打てば空振り、守ればエラー、なのに練習は週1回。そんな弱小チームの躍進劇を取材した『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』の著者で作家の?橋秀実氏に、弱者が勝つための秘訣を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1147文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 小よく大を制す」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。