野球で、一般に打者が追い求めるのは打点、打率とホームランだ。だが、米大リーグのトロント・ブルージェイズに所属する川?宗則選手は違う。「投手に1球でも多く投げさせること」を常に意識している。粘って四球を稼ぐことで、出塁率はチームでも上位。たとえアウトになっても相手投手の球数を増やし、規定投球数に早く追い込む。「視点の転換」によってチームに貢献することでメジャーで認められた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4235文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 小よく大を制す」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。