野球で、一般に打者が追い求めるのは打点、打率とホームランだ。だが、米大リーグのトロント・ブルージェイズに所属する川?宗則選手は違う。「投手に1球でも多く投げさせること」を常に意識している。粘って四球を稼ぐことで、出塁率はチームでも上位。たとえアウトになっても相手投手の球数を増やし、規定投球数に早く追い込む。「視点の転換」によってチームに貢献することでメジャーで認められた。