世界のテニス界は過去10年間、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手を筆頭とする「ビッグ3」が支配してきた。ここに風穴を開けつつあるのが日本の錦織圭選手だ。武器にするのは「俊敏性」。体格差をはねのけるには、敵より素早く動かねばならない。まずは、小回りのよさを生かして大手に立ち向かう、3つのベンチャーを紹介しよう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4095文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 小よく大を制す」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。