世界のテニス界は過去10年間、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手を筆頭とする「ビッグ3」が支配してきた。ここに風穴を開けつつあるのが日本の錦織圭選手だ。武器にするのは「俊敏性」。体格差をはねのけるには、敵より素早く動かねばならない。まずは、小回りのよさを生かして大手に立ち向かう、3つのベンチャーを紹介しよう。