記事によれば、名古屋大学は教員1人当たりの科学研究費(科研費)の採択件数では1位、1人当たりの科研費の受入金額でも2位だという。こうした研究環境を通じて、自由気ままな発想という科学者の基本的な資質を醸成できていたことが、今回のノーベル賞受賞につながったと思う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1146文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。