景気は生き物のように動き、これまでの「常識」「法則」は猫の目のように変わる。針の穴から世相をのぞくように、街角景気をつぶさに観察すると日本経済のうねりが見えてくる。アベノミクスで復調がささやかれてきた消費、物価、そして雇用にも変調の兆しが出始めた。