急成長を遂げた企業には、その反動としての停滞が訪れやすい。それをどう防ぎ、勢いを企業の実力に変えていけばいいのか。最終回は、演繹的な計画立案や仮説の重要性について説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5272文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題