11月16日に投開票が行われた沖縄県知事選。現職候補の仲井眞弘多氏が敗れた。「普天間基地の移設問題で真意が伝わらなかった」と悔やむ。経済振興に力を入れて3期目を目指したが、沖縄県民の信任を得られなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3099文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。