衆院解散を受け、12月14日の投開票に向け一斉に走り出した与野党。安倍晋三首相はアベノミクスの継続を問う選挙と位置付けるが、唐突な選挙に有権者の理解は広がっていない。長期政権にイエスかノーかの信任投票となる今回の衆院選。野党が政権への批判の受け皿になれるかが焦点だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2405文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年12月1日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。