トヨタ自動車は12月15日にFCV(燃料電池車)の「MIRAI(ミライ)」を日本で発売する。価格は税込み723万6000円で、国の補助金により実質的な消費者負担は520万円程度だ。高級セダン「クラウン」と同等にこだわった価格戦略の狙いとは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3148文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題