セブン&アイ・ホールディングスの新たなショッピングモール「グランツリー武蔵小杉」が開業した。業績が低迷する総合スーパー、イトーヨーカ堂を再生する旗艦店という位置付けだ。イトーヨーカ堂を象徴する「鳩マーク」の露出を控えた新店舗に、再生への覚悟がにじむ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1481文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年12月1日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。