経済同友会の代表幹事に三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長が内定した。経済3団体のトップ就任は、三菱グループにとって約20年ぶりの快挙だ。だが、悲願達成の裏には同友会を巡る大きな環境変化があった。