経済同友会の代表幹事に三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長が内定した。経済3団体のトップ就任は、三菱グループにとって約20年ぶりの快挙だ。だが、悲願達成の裏には同友会を巡る大きな環境変化があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1139文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2014年12月1日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。