「技術立国」を掲げる日本だが、内実は危機的だ。基礎研究の成果は海外に流れ、新産業が生まれない。東京大学発ベンチャー、AgIC(エージック)創業者の清水信哉は、日本の技術者を覆う閉塞感の打破に挑む若き起業家だ。