「技術立国」を掲げる日本だが、内実は危機的だ。基礎研究の成果は海外に流れ、新産業が生まれない。東京大学発ベンチャー、AgIC(エージック)創業者の清水信哉は、日本の技術者を覆う閉塞感の打破に挑む若き起業家だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1596文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本の革新者2014」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。