革新的な商品やサービスを生み、それを分かりやすく世界に伝える──。旧態依然とした組織の中からは、それを担う人材は生まれない。日本が変わるには、老朽化した組織をよみがえらせる「異端児」も欠かせない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り312文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年11月24日号 40~43ページより

この記事はシリーズ「特集 日本の革新者2014」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。