革新的な商品やサービスを生み、それを分かりやすく世界に伝える──。旧態依然とした組織の中からは、それを担う人材は生まれない。日本が変わるには、老朽化した組織をよみがえらせる「異端児」も欠かせない。