農業ベンチャー「マイファーム」(京都市)を展開。手入れが行き届かず荒れた「耕作放棄地」を貸農園として再生し、就農を希望する都市住民を支援している。TPP(環太平洋経済連携協定)交渉で日本農業の競争力が改めて問われた2014年は持続可能な農業に向けた糸口として注目を集めた。