国内のみならず海外でも高い評価を受ける純米大吟醸「獺祭(だっさい)」。海外での日本食ブームの牽引役としての期待も高い。製造元である旭酒造の社長を務める桜井博志の人生は逆境の連続だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2183文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本の革新者2014」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。