電力各社が再生可能エネルギーの送電網への接続を停止した波紋が広がる。経済産業省の「認定責任」が問われるべきだが、解決策も早急に探る必要がある。原子力発電所の高稼働率稼働を実現させ、新たな国民負担なしで再エネを救うべきだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4416文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。