日本銀行による劇薬のようなサプライズ緩和で、再びアベノミクスに注目が集まるようになった。アベノミクスが目指しているところは詰まるところ、長らく続いたデフレと低成長からの脱却。だが、日本経済の活性化を阻んでいる本質的な問題は、「あらゆる業界に存在する、目に見えない閉鎖性」が根幹にあるように思えてならない。