産業化で欧米に後れを取り、輸入超過が続く日本の医療機器。九州工業大学教授の伊藤高廣は、体内で自走する画期的なカプセル内視鏡の実用化で、その壁の打破を目指している。鉄道に夢中になった少年の日の経験が、思わぬ形で花開こうとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1403文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 日本の革新者2014」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。