敗北や失敗は誰にとってもつらいことだ。その蹉跌が大きければ大きいほど、深い傷として残る。時には現実から目を背けて、やり過ごすこともあるかもしれない。だが、冷徹な総括なくして成長はない。敗北や失敗にどう向き合うか。それが人間や組織のその後に決定的な影響を与える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1510文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。