敗北や失敗は誰にとってもつらいことだ。その蹉跌が大きければ大きいほど、深い傷として残る。時には現実から目を背けて、やり過ごすこともあるかもしれない。だが、冷徹な総括なくして成長はない。敗北や失敗にどう向き合うか。それが人間や組織のその後に決定的な影響を与える。