液晶への過剰投資が原因で、経営危機に陥ったシャープ。復活に向けた新規事業の創出にいち早く取り組むのが白物家電部門の田村友樹だ。5年後、10年後を見据えた新たな事業の「種」が生まれつつある。