特許の帰属が社員から会社に──。特許法の改正案が議論を呼んでいる。現場の研究者が強く反発する一方、現場の活力は逆に高まるとの見方も。今回の法改正は、競争力のある特許を生み出すことにつながるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3807文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2014年11月24日号 52~54ページより目次

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。