特許の帰属が社員から会社に──。特許法の改正案が議論を呼んでいる。現場の研究者が強く反発する一方、現場の活力は逆に高まるとの見方も。今回の法改正は、競争力のある特許を生み出すことにつながるのか。