アフリカ以外でも感染者が出て、感染の拡大が懸念されているエボラ出血熱。国内で可能な対応策について、ウイルス性出血熱を研究する国立感染症研究所ウイルス第1部の西條政幸部長が解説する。