11月中旬の日本に、解散風が吹きはじめた。この「解散風」というのは誰が発明したのか、なかなか味わい深い言葉で、たしかに、衆院解散をあおり立てる噂は、街なかを吹き抜ける風と同じく、どこからやって来て何処へ去って行くものなのか、誰にもわからない。