11月中旬の日本に、解散風が吹きはじめた。この「解散風」というのは誰が発明したのか、なかなか味わい深い言葉で、たしかに、衆院解散をあおり立てる噂は、街なかを吹き抜ける風と同じく、どこからやって来て何処へ去って行くものなのか、誰にもわからない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1273文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題