気象庁が未活用だった気象情報を解析、ピンポイントの気象予報サービスを提供する。鉄道会社の安全運行や、建設現場での工事の実施判断などに役立っている。