収益力とブランド力を一気に高めた富士重工業。その内側では、自律的な組織になるための意識改革があった。第3回は、社員と組織をどう活性化させたかを紹介する。