熊本市の中心街にある県民百貨店が2015年2月末で閉店する。入居する施設の建て替えが決まり、営業の継続を断念した。これまで経営母体を何度も変えながら危機を乗り越えてきたが、万策尽きた。