熊本市の中心街にある県民百貨店が2015年2月末で閉店する。入居する施設の建て替えが決まり、営業の継続を断念した。これまで経営母体を何度も変えながら危機を乗り越えてきたが、万策尽きた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2902文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。