電撃的な社長就任から2年半、日本IBMを12年ぶりの増収基調に反転させた。地方の顧客回りや海外の体制拡充など、地道かつ大胆な改革を断行。その手腕を買われ、IBM本社の立て直しにも挑む。