電撃的な社長就任から2年半、日本IBMを12年ぶりの増収基調に反転させた。地方の顧客回りや海外の体制拡充など、地道かつ大胆な改革を断行。その手腕を買われ、IBM本社の立て直しにも挑む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4518文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。