来年にヒットしそうな製品やサービス、施設の予測ランキングを通して見えたのは、「堅実だけど明るい消費」が生まれる2015年の姿だ。そこで、消費者心理を動かすキーワードをあぶり出した。