素晴らしい観光資源があるのに、それに全くと言っていいほど関心を払っていない──。世界を旅する筆者にとって、時折そうした不可解な気持ちを抱く国に出合うことがある。