「政権への信任投票」とされる米中間選挙で与党民主党が大敗した。政治の機能不全が懸念される一方、TPPなど通商政策は前進するとの見方も。バラク・オバマ大統領は、鋭く対立してきた宿敵・共和党と手を組めるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1301文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題