富士フイルムがインスタントカメラ「チェキ」を増産する。スマホに押されるデジカメとは別の領域で、カメラ市場を開拓する。アナログの写真技術にこだわる執念が、2度目のヒットに結びついた。