世の経営者はほかの誰を評価し、自分の参考にしているのか。その実態を知るために、本誌は社長アンケートを実施した。浮かび上がってきたのは、従来の調査や一般の人気とは違う結果だった。

(写真=都築 雅人)
永守 重信 日本電産
会長兼社長
225
(写真=ロイター/アフロ)
孫 正義 ソフトバンク
社長
185
(写真=東洋経済/アフロ)
豊田 章男 トヨタ自動車
社長
110
4 鈴木 敏文 セブン&アイ・HD
会長兼CEO
95
5 古森 重隆 富士フイルムHD
会長・CEO
90
6 柳井 正 ファーストリテイリング
会長兼社長
80
7 藤森 義明 LIXILグループ
社長
50
7 高原 豪久 ユニ・チャーム
社長
50
9 新浪 剛史 サントリーHD
社長
40
9 似鳥 昭雄 ニトリHD
社長
40
11鈴木 修スズキ
会長兼社長
35
11佐治 信忠サントリーHD
会長
35
11岡藤 正広伊藤忠商事
社長
35
11三木谷 浩史楽天
会長兼社長
35
15樋口 武男大和ハウス工業
会長
30
15中西 宏明日立製作所
会長兼CEO
30
17澤田 秀雄エイチ・アイ・エス
会長
20
17日覺 昭廣東レ
社長
20
17渡邉 光一郎第一生命保険
社長
20
17津賀 一宏パナソニック
社長
20
17大前 研一ビジネス・ブレークスルー
社長
20
17植木 義晴日本航空
社長
20
17上西 京一郎オリエンタルランド
社長
20
17小林 喜光三菱ケミカルHD
社長
20
17山西 健一郎三菱電機
会長
20
17金川 千尋信越化学工業
会長
20
17宮永 俊一三菱重工業
社長
20
17井上 礼之ダイキン工業
会長
20
17カルロス・ゴーン日産自動車
社長兼CEO
20
30松本 晃カルビー
会長兼CEO
15
30御手洗 冨士夫キヤノン
会長兼社長
15
調査概要
東京証券取引所第1部に上場する企業の経営者に、高く評価する他社の現役経営者を最大5人まで挙げてもらい、その理由を聞いた。65人から179票の回答を得た。また、「日経ビジネスオンライン」の読者で属性が「会長・社長」の48人から回答(71票)を得た。合計113人、250票を基に本誌が得点を付け、複数の得票があった経営者を掲載した。HD=ホールディングス。

 「あの経営者にはそんな長所と短所があるんですか」──。企業の経営者に話を聞くと、巷の評判とは違う意外な人物評が出てくることがある。

 これまで多くのメディアや調査機関、コンサルティング会社などが、業績や企業価値など様々な指標を基にした経営者ランキングを実施してきた。しかし、就任前の指標が悪ければ、現社長は業績のV字回復を演出できる。逆に前任者の時代の業績が良いと、それを維持するためにどんな革新があっても、数字にはあまり表れない。

 コマツの坂根正弘相談役は「自分の社長としての真価は、3代先の社長時代に表れる」と語る。経営には中長期の視点が重要で、その時の結果だけで経営者を評価するのは限界がある。

 では、どうすれば経営者の真の力を測れるのか。経営の本質を知り、評価できる適任がいるのではないか。それが、現役の経営者である。

 社長は社内では孤独かもしれない。だが一歩外に出れば情報がよく耳に入る。業界団体や勉強会など、他社の社長と交流する機会は多い。最近は社外取締役の増加で、ますます情報交換が活発になっている。一般のビジネスパーソンと同じ人を評価するにしても、その理由は違ってくる。あくまで経営の視点で見ているからだ。

 アンケートの結果、トップに選ばれたのは日本電産の永守重信・会長兼社長だった。日本企業が苦手とされる企業買収をテコに日本電産を成長させてきた実績は申し分なく、独特の笑いのセンス、人間臭さも併せ持つ。

 ただ、日本電産は産業用モーターの会社。一般のビジネスパーソンに聞いたランキングで圧倒的1位となったソフトバンク・孫正義社長のように、誰もが知る人物とまではいかない。

一般のビジネスパーソンに聞くベスト社長
孫 正義ソフトバンク193
永守 重信日本電産97
豊田 章男トヨタ自動車84
柳井 正ファーストリテイリング66
カルロス・ゴーン日産自動車46
三木谷 浩史楽天35
新浪 剛史サントリーHD34
鈴木 敏文セブン&アイ・HD31
原田 泳幸ベネッセHD23
佐治 信忠サントリーHD17
古森 重隆富士フイルムHD16

 なぜ、永守社長はほかの経営者から高く評価されているのか。それを探ると、永守流の経営が単なる憧れや称賛の対象ではなく、実践のための「生きる手本」と見なされていること、そして、実際に取り入れる動きが広がっていることが分かった。次からその実態をお伝えする。

日経ビジネス2014年11月17日号 28~29ページより

この記事はシリーズ「特集 社長が選ぶベスト社長」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。