去る10月20日に行われた橋下徹大阪市長と桜井誠在特会(「在日特権を許さない市民の会」)会長の「公開討論」は、大方の予想通り平行線をたどり、十数分ほどで物別れに終わった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1287文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題