米連邦準備理事会(FRB)は、10月28~29日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的金融緩和による資産購入の終了を決めた。金融危機から米経済を浮揚させるため、FRBは非伝統的金融政策とされる量的緩和を3度にわたって実施してきた。