「グローバル化」というと、米国流の価値観・モデルに基づいた世界進出を思い描きがち。本書はその思い込みをやんわりと否定。「日本人力」を生かしたグローバル化に焦点を当てる。