地方企業が業績を伸ばそうとすると、つい大都市の東京や大阪で勝負がしたくなる。しかし、霧島酒造は販管費がかさむ大都市を最後まで避け、周辺の中規模都市を少しずつ攻略。足場を固めてから、最終決戦に打って出た。