福岡での販促成功に空前の焼酎ブームが加わり、販売量が増加し始めた黒霧島。だが急激に需要拡大した結果、商品不足に陥ってしまう。危機を脱するため、打ち出した戦略が「通年生産」と「農家囲い込み」。いずれも、今までの焼酎生産の常識を否定する前代未聞の試みだった。