新しい商品を売る上では、その魅力をいかに消費者に伝えるかが勝負の分かれ目になる。販促キャンペーンはどんな商品でも展開されるが、霧島酒造の戦略は、「通常ではあり得ない方法」による意外感を演出した。