九州焼酎戦争の勃発と先代の急逝により突如訪れた経営危機。酒税引き上げも迫る中、急遽登板した3代目社長は大胆な巻き返し策に打って出る。柱は2つ。一つは「先代文化の一部否定」、もう一つが「リスク覚悟での経営資源の徹底集中」。霧島酒造の躍進はすべてここから始まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2645文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 黒霧島 5000日戦争」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。