南緯69度、東経39度に位置する南極・昭和基地──。日本は1956年から半世紀以上、極地の天文や気象、地質、生物研究のため、この地へ観測隊を派遣し続けてきた。