日銀は10月31日、長期国債の30兆円買い増しなどを柱とした追加の金融緩和を決めた。事前に予想しなかった市場には驚きが広がったが、実は官邸にも根回しの痕跡が見られないサプライズ緩和。消費再増税への地ならしとの見方も浮上するが、追加緩和効果がどれだけ続くかは不透明な情勢だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題